オンラインレッスン

 

以前の記事、ピアノ教室は月謝が高い!?始める前に知っておきたいお金事情では、ピアノ教室(対面レッスン)でのお月謝や教室に通うメリットやデメリットについてお話しました。

 

コロナの影響でテレワークとなる企業が増え、オンライン対応となるピアノ教室も増えました。

 

読者様はオンラインレッスンについて興味をお持ちですか?

  • オンラインレッスンの相場はどれくらい?
  • ピアノのオンラインレッスンってどんなもの?
  • そもそもオンラインって本当に良いの?

今回、この3点を徹底的に調査しました!

 

オンラインレッスンについて詳しく知って、自分にも合うのかどうかチェックしてみましょう♪

 

ピアノの月謝相場は?オンラインレッスンは忙しい大人向き!?特徴も解説

オンラインレッスン2

 

冒頭で紹介した記事では、対面レッスン(マンツーマン)での月謝相場が、大手・個人のピアノ教室まとめて8,000円前後であることを書いています。

 

ではオンラインの場合はどうなのでしょうか?

 

(※オンライン、対面ともにグループレッスンをおこなっている教室はありますが、今回はわかりやすくマンツーマンでの相場を比べます

 

月謝は毎月の出費となるので気になりますよね。

 

オンラインレッスンはピアノ教室での対面レッスンと比べると、同額またはそれより低めの設定であることが多いと一般的には言われています。

 

本当のところはどうなのでしょうか?

 

詳しくみていきましょう。

 

オンラインピアノレッスンの月謝相場

オンラインにおけるマンツーマンでのレッスン料金について調べました。

 

教室名 レッスン時間、頻度 月謝(仮に1回30分とした場合の1レッスンあたりの料金)
音楽教室A 1回30分、月3回 11,000円(3,666円)
音楽教室B 1回45分、月3回 15,630円(3,473円)
個人教室a(千葉県) 1回30分、月3回 7,000円(2,333円)
個人教室b(ロサンゼルス) 1回60分、月4回 28,000円(3,500円)
個人教室c(東京都) 1回30分、単発 (1,150円)
個人教室d(神奈川県) 1回30分、月3回 6,000円(2,000円)

※今回のデータは公式サイトより独自調査したものです

 

レッスンの条件が異なるため、横並びにして比較できるものではありませんが月謝は3,500円~14,000円。(1回30分、月3回を目安とした場合)

 

平均でおよそ8,000円なので、対面レッスンと変わらない結果となりました。

 

しかしワンレッスン制や回数券などを取り入れている教室も見られ、お得感がある印象を受けます。

 

物価が高い東京だから月謝が高いということもなく、東京であってもお安い教室はあります。

 

安いから質が悪い、高いから質が良いのかと言われると、それは対面レッスンと同じく体験レッスンなどを利用して見極める必要がありますね。

 

オンラインレッスンの月謝以外の費用
  • 入会金:対面レッスンと同じく、教室による(0円の場合もある)
  • 施設・運営費:0円
  • 発表会参加費:発表会の有無による(発表会自体がない教室もわりとある)
  • テキスト・教材費:対面レッスンと同じく必要

 

オンラインレッスンとは?

オンラインレッスンは、インターネットを利用することで自宅に居ながらピアノのレッスンを受けられるというものです。

 

英会話でもオンラインレッスンってよくありますよね。

 

レッスンを受けるために移動を必要とせず、プロの講師から教えてもらえます。

 

オンラインレッスンはその手軽さが最大の魅力だと言えるでしょう。

 

オンラインレッスンに必要なもの
  • スマホまたはパソコン
  • インターネット環境
  • ピアノ

 

スマホなどの操作が必要なのでお子さんのレッスンの場合には大人のサポートが必要になってきます。

 

操作は難しくないので大人の場合は問題ないでしょう。

 

スマホ操作が苦手という人の場合も、講師のサポートがあるので大丈夫です。

 

また手元にピアノが必要なため、自宅にピアノが無ければレッスンが受けられないか、というとそうではありません。

 

ピアノでなくてもキーボードでも良いんです。

 

オンラインレッスンは「自宅に居ながら」と言いましたが、家に楽器がなければ音楽スタジオでピアノを借りてオンラインレッスンを受けることも可能なんです。

 

場所を選ばないのもオンラインレッスンならではの特長と言えます。

 

オンラインレッスンの内容

テレビ電話で講師とつながり、リアルタイムでピアノの技術をレクチャーしてもらう内容になっています。

 

オンラインレッスンと一口に言っても講師によってレッスン内容やサービス内容が異なります。

 

例えば、リモートレッスンだけではなく、生徒・講師ともに隙間時間を使った演奏動画の提出⇒添削を取り入れているところもあります。

 

アドバイスを楽譜に書き込んでフィードバックしてもらえる場合もあるので、曲をしっかりと仕上げることに役立てることができます。

 

オンラインに使うアプリ例
  • Zoom
  • Skype
  • LINE
  • FaceTime:アップル製品の場合
  • WhatsApp:ヨーロッパで主流、日本のLINEのようなもの

     

    講師によって使用アプリが異なりますので確認しましょう。

     

    オンラインレッスンのメリット・デメリット

    オンラインレッスンのメリット・デメリットのすべてをまとめました。

     

    対面レッスンでのデメリットをカバーできているだけでなく、オンラインならではのメリットもたくさんありますよ♪

     

    メリット6つ

    1. 移動時間・移動労力が必要ない

    自宅でレッスンを受けられるオンラインゆえに移動の必要がなく楽チンです♪

     

    教室に通う時間が取れない忙しい人に最適ですね。

     

    またレッスンを受けるのがお子さんの場合、親御さんの送迎の手間が省けます。

     

    時間を有効活用できるオンラインなら、週1回だけにとどまらず、週に2回、3回とプロ講師からレッスンを受けることもできてしまいます。

     

     

    2. 教室への施設・運営費がかからない

    ピアノ教室という空間がなければテナントは必要なく、施設費が発生しません。

     

    対面レッスンの生徒を抱えているオンライン教室の場合は、施設費はなくても月謝を高めに設定している場合があるので要注意です。

     

     

    3. どこに住んでいても受講可能

    自分の生活圏にピアノ教室がなくてもレッスンが受けられます。

     

    移動距離の心配もないので、たくさんある教室の中から選ぶことができます。

     

     

    4. 海外在中の講師のレッスンを受けられる

    オンラインなら世界中の講師とつながることができます。

     

    日本の講師が知らない音楽理論を教えてもらうことさえできてしまいます。

     

    防音をきちんとすれば、時差を活用した深夜レッスンを受けることもできますね。

     

     

    5. 別の教室に乗り換えやすい

    講師との相性が合わないときも、直接では言いにくいこともオンラインなら解決。

     

    オンラインという距離感だからサービスの乗り換えがしやすいです。(講師側からするとちょっと大変ですが…)

     

     

    6. 自宅での練習の様子を確認してもらえる

    カメラの位置を工夫すれば、自主練習時の姿勢・座り方・構え方を見てもらえます。

     

    自主練は上達のためには重要ですよね!

     

     

    デメリット3つ

    1. ネット環境によって音が途切れてしまったり、音質の問題が生じる

    講師・生徒双方のインターネット環境がしっかりしている必要があります。

     

    スマホ・パソコンはできるだけ新しい機種のものを使ったり、回線速度にも気を付ける必要があります。

     

    2. 音楽的な内容を細部までカバーできない場合がある

    講師の方と同じ空間にいるわけではないので、オンラインの特性上、音の響かせ方・空気感・曲の表現方法などの細かい部分は見てもらえない可能性があります。

     

    クラシック上級者やコンクール出場のためのレッスンなどの場合には、対面レッスンを取り入れたほうが良いでしょう。

     

    3. 発表会をおこなっていない教室が比較的多い

    オンラインレッスンは遠方の生徒も多いことからそもそも発表会をおこなっていない教室が多いです。

     

    オンラインレッスンと並行して対面レッスンの生徒を抱えている教室では、発表会を年1回または2年に1回程度開催されているところもあります。

     

    余談ですが…
    オンライン上の発表会をご存じですか?
    丸田カナさん主催の仮想演奏会というものがあります。
    仮想演奏会は撮影した演奏動画を公開することで、誰でも気軽に発表の場をもつことができます。
    参加費無料!
    当サイトで毎月15日に開催しています。
    おうち時間を使って、読者様も参加してみませんか?

     

    つまり、オンラインレッスンを受けつつ、発表会も気軽にオンラインで参加する、なんてことも可能ですよ♪

     

    なんて便利な時代なんでしょう!(^^)

     

    オンラインレッスンは本当に良いのか?

    対面レッスンを受けたいのに受けられないという場合は、やはり同じ空間で教えてもらえる対面レッスンには勝らないと思われるかもしれません。

     

    オンラインレッスンが本当に良いのか、については読者様が求めるものによっても判断基準は変わってくるはずです。

     

    オンラインレッスンの特性をしっかり理解した上で、自分はどうしたいのか、どんなレッスンを受けたいのか考えてみてくださいね♪

     

    オンラインレッスンに向いている人とは?
    • プロのレッスンを受けてみたい、気軽にピアノを始めてみたい人
    • 多忙などの理由のため、誰かに習いたいけど教室へは行きたくないという人
    • 移動時間を有効活用したい人
    • 教室に行かなくてもレッスンを受けたい、でも講師が自宅に来ること(出張レッスン)に抵抗がある人      など

     

    オンラインレッスンは、日々残業をこなす方や休日のない主婦の方など、忙しい大人のあなたにおすすめのレッスン手段と言えます。

     

    ここまでいかがでしたか?

     

    気になった方は是非、オンラインレッスンを受けてみてくださいね♪

     

    毎月の月謝は負担が大きいと思っている方へ

    ピアノを習うということは、オンラインであっても毎月お月謝がかかってきます。

     

    こう考えると、なんとか負担を減らしたいですよね。

     

    安い月謝のオンライン教室を選択する方法はあります。

     

    また単発レッスンを受けたり、レッスン回数を減らせば料金は低くなります。

     

    それでも月々のレッスン料+月謝以外の費用を考えるとやっぱり高い!

     

    そう思った場合の選択肢としてDVD付きの教材があります。

     

    教材は上達のためのメソッドが集約されているものがほとんどです。

     

    購入してしまえば月々お金を支払う必要もなく、もちろん入会金や施設費もかからないわけです。

     

    講師に習うのはハードルが高いけど、独学だと心細いという人にはピッタリですね!!

     

    教材を利用し少しずつ上達していく中で、自分のピアノを誰かに聴いてもらいたいなと思い始めたら、仮想演奏会にぜひご参加ください♪

     

    大人のオンラインピアノレッスンの月謝相場 まとめ

    • オンラインレッスンの月謝は3,500円~14,000円とピンキリ。
    • サービス内容、レッスン頻度、時間数によっても料金は変わってくる。

     

    オンラインピアノレッスンは、忙しい方でも無理なく継続しやすい方法だとお分かりいただけたと思います。

     

    読者様にとってピアノライフがよりよいものになることを応援しています!

     

     

     


    勇気を持ってチャレンジ!

    ピアノ人生を輝かせる仮想演奏会


    ↑上の画像をクリックすると、

    最新の開催案内をご覧いただけます↑

     

    演奏会は無理だと決めつけないで!誰でもピアニストになれるチャンスです!

     

    ★はじめようピアノ改革!人に聴いてもらうだけで上達スピードが速くなる!

     

    ★参加して納得!練習のモチベーションがこれまでと全然違う!

     

    ★自宅にいながらピアノ演奏会に参加できる!匿名で参加できるから気軽!

     

     

    「仮想演奏会」は、ピアノを演奏している動画を投稿することで、誰でも気軽に参加できる新しい演奏会のカタチです。

     

    初心者からプロまで、さまざまなピアノ歴の演奏者たちが、誰でも”ピアニスト”として発表の場を持つことができます。

     

     

    毎月15日に開演しており、費用は一切かかりません!

     

    ピアノをとことん楽しみながら練習できますよ♪

     

    さぁ、一緒に画期的なピアノ演奏会を体験しましょう!

     

     
    カナカナ

    丸田カナのツイッターからも、仮想演奏会の募集開始やエントリー状況についての情報を受け取れます♪

     

    ピアノ練習に役立つコラムも発信していますので、ご興味あればぜひフォローしてみてください!

     

    読者様のピアノが聴ける日を、楽しみにお待ちしています!

     

    TOPに戻る