ピアノ教本の順番って!?難易度と豆知識・レッスンポイントを紹介

 

ピアノ教本の順番をご存知ですか?

 

教本には順番があってそれぞれに難易度もあります。

 

ピアノ教室に通う場合は、先生がレベルに見合った教本を用意してくれます。

 

しかし、これから独学で始める方、久しぶりにピアノを再会しようとする方にとっては、どの教本から手にとっていいのか悩みますよね。

 

そこで今回ご紹介する内容はこちらです。

 

  • ピアノ教本の順番について
  • ピアノ教本ごとの難易度と解説

 

失敗しないためにも、教本の順番を覚えてピアノを始めてみましょう!

 

 

ピアノ教本の順番を知ろう

 

教本はピアノを始める上で必須アイテムです。

 

教本一つで、基礎から学ぶことができ、ピアノを弾くスキルを身につけることができます。

 

しかし、自分のレベルに見合った教本を選ばないと、学びたいことも学べません。

 

教本の順番とレベルを把握しましょう。

 

基本的なピアノ教本の順番はこちらです。

 

教本順番
  1. バイエル
  2. ブルグミュラー
  3. ツェルニー30番
  4. ツェルニー40番
  5. ショパン エチュード集

 

バイエルからスタートして順番に難易度が上がっていきます。

 

では詳しくご紹介していきますね♪

 

 

ピアノ教本1 バイエル

 

ピアノに関心がある読者様なら一度は聞いたことがありませんか?

 

「バイエル」といっても同じ名前の教本はたくさんあります。

 

その中でもポピュラーなのが“全音楽譜出版社の標準バイエル”です。

 

こちらはピアノをこれから始める方向きの入門テキストです。

 

内容は音譜の読み方・指番号・片手練習・両手練習などの基礎を練習することができますよ。

 

豆知識

フェルディナント・バイエル(1803~1863)というドイツ人が作者。

ピアニストであり作曲家でもあった。

 

子どもの頃にピアノを習ったことがある読者様なら「赤バイエル」と呼んでいませんでしたか?

 

この赤バイエルとは子ども用のバイエルが赤い表紙をしているところからきています。

 

きっと懐かしいと思われた読者様もいるのではないでしょうか。

 

子どもの頃の初心に戻って、バイエルでしっかり基礎を身に付けましょう♪

 

 

独学でバイエルを練習したい方に、こちらの記事では独学でも取り組みやすい教本の選び方と上達のコツをご紹介しています。

 

 

最近は、バイエルから始めないという方も増えています。

 

こちらの記事では、バイエルの代わりに使われている教本4つを実例とともにご紹介しています。

 

 

ピアノ教本2 ブルグミュラー

 

バイエルで基礎を練習したら次は「ブルグミュラー」です。

 

この教本は全部で25曲収録されており、入門~初心者向けのテキストです。

 

仮に子どもの習い事で例えるならば、ブルグミュラーを始める頃にはピアノ歴5年前後ぐらいになります。

 

ピアノを以前習っていた方ならもう少し早くブルグミュラーにたどり着けるはずです!

 

こちらの教本には、アラベスクやアヴェ・マリアなど一度は聴いたことがある曲もあるので、楽しみながら弾くことができますよ。

 

ブルグミュラーではただ楽譜通りに弾くだけでなく、曲にあった弾き方や綺麗な弾き方などが求められてきます。

 

曲のタイトルからイメージを膨らませて、想像しながら弾くのも楽しいですよね♪

 

レッスンポイント

ピアノ教室ではブルグミュラーと平行して「ツェルニー100番」を使う場合があります。

内容は初級から中級あたりの練習曲が100曲収録されています。

ツェルニー100番を一緒に練習していくと、「エリーゼのために」などの馴染みのある曲も弾けるようになってきますよ!

 

ピアノ教本3 ツェルニー30番

 

「ツェルニー30番」は中級レベルのテキストです。

 

一般的に、ここまでくるとピアノを本格的に弾こうと思う人がほとんどだと思います。

 

ピアノ歴で言うと10年前後くらいでしょうか。

 

初心者の方からすると“10年・・・”と思うかもしれませんが、中級者レベルまで弾けるようになると、読者様のピアノライフも変わってきますよ。

 

私もピアノ教室に通っていた頃、ツェルニー30番を習いました。

 

今思い出しても、あまり楽しかった思い出はないかも!?(笑)しれませんが、上級へ進むにはとても大切な基礎が詰まっています。

 

「まだまだ高みを目指すわ!」という目標があれば、ツェルニー30番に進んでみましょう。

 

豆知識

カール・ツェルニー(1791~1857)というオーストリア人のピアノ講師。

ピアニストであり作曲家でもあった。

 

ツェルニーはベートーヴェンの弟子であり、フランツ・リストの師匠でもありました。

 

生涯で作曲したのが1000曲以上という、とても有名な人です。

 

ツェルニー30番では、スラーやスタッカート、テンポ、強弱などのピアノを弾く上で大切なテクニックを練習することができます。

 

“聴衆がうっとりするようなピアノを弾きたい”という読者様にはぜひ、練習に取り入れてほしい一冊です。

 

 

ピアノ教本4 ツェルニー40番

 

ツェルニー30番の次が「ツェルニー40番」で、中級と上級の間のテキストです。

 

一般的には、音大受験者や音大のピアノ科の学生が練習のために弾いています。

 

ツェルニー40番は、ツェルニー30番で身につけたテクニックに加え、テンポの速い曲などを弾くために求められる技術が練習できます。

 

滑らかな指の動きや、手を脱力する弾き方などがマスターできると、雰囲気のある曲を弾くことができるようになります。

 

レッスンポイント

ツェルニーの練習曲はご紹介した以外に50番・60番があります。

数字が増えるにつれ難しくなってきます。

ほとんどのピアノ教室ではツェルニー40番まで習うのが主流で、私のピアノ教室でも同様でした。

 

このツェルニー40番まで終了できると、ベートーヴェンやモーツアルトなどの有名なクラシックが弾けるようになりますよ♪

 

読者様の目標が「クラシックを弾きたい!」ということであれば、ここまで練習していきましょう!

 

 

ピアノ教本5 ショパン エチュード集

 

やっとここまできましたね、上級レベルのテキスト、「ショパン エチュード集」。

 

このテキストを練習として弾いている人は、音大生などのピアノを専門に勉強している人です。

 

ショパンのエチュード集に収録されている曲を趣味で弾きたいという場合はかなりの練習が必要です。

 

豆知識

エチュードとは練習曲の意味。

つまりショパンの練習曲ということです。

この本に収録されている曲はどれも本当に難しい曲ばかりです。

 

間違っても初心者の読者様は購入してはいけない一冊です(笑)

 

おそらく、中身を見たところでチンプンカンプンなのでは!?

 

でも、一つの指標として、この一冊が弾けるようになれば、間違いなくピアノ上級者の仲間入りですよ♪

 

 

ピアノの練習を始めてみよう!!

 

ピアノ教本の順番とレベルをご紹介しましたが、どこから始めるか決まりましたか?

 

バイエルから始まって最後のショパン エチュード集まではかなりの道のりですよね。

 

この順番を追うごとに上達していくことは間違いナシです!

 

ずっとこの教本どおりに練習していくといつか挫折したり、飽きてしまったりすると思うので、途中で難易度の似た好きな曲などを取り入れてみてください。

 

もちろん、中級レベルまで弾けるようになったら、読者様の弾きたい曲などに移行するという練習方法でも良いと思います。

 

読者様の目指す目標に合わせてピアノを練習していきましょう!

 

弾ける曲ができたらぜひ仮想演奏会に参加してみてくださいね♪

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 


勇気を持ってチャレンジ!

ピアノ人生を輝かせる仮想演奏会


↑上の画像をクリックすると、

最新の開催案内をご覧いただけます↑

 

演奏会は無理だと決めつけないで!誰でもピアニストになれるチャンスです!

 

★はじめようピアノ改革!人に聴いてもらうだけで上達スピードが速くなる!

 

★参加して納得!練習のモチベーションがこれまでと全然違う!

 

★自宅にいながらピアノ演奏会に参加できる!匿名で参加できるから気軽!

 

 

「仮想演奏会」は、ピアノを演奏している動画を投稿することで、誰でも気軽に参加できる新しい演奏会のカタチです。

 

初心者からプロまで、さまざまなピアノ歴の演奏者たちが、誰でも”ピアニスト”として発表の場を持つことができます。

 

 

毎月15日に開演しており、費用は一切かかりません!

 

ピアノをとことん楽しみながら練習できますよ♪

 

さぁ、一緒に画期的なピアノ演奏会を体験しましょう!

 

 
カナカナ

丸田カナのツイッターからも、仮想演奏会の募集開始やエントリー状況についての情報を受け取れます♪

 

ピアノ練習に役立つコラムも発信していますので、ご興味あればぜひフォローしてみてください!

 

読者様のピアノが聴ける日を、楽しみにお待ちしています!

 

TOPに戻る