【ピアノの楽譜】基本的な見方とオススメのピアノ教本3選!

 

「大人になってからピアノを始めたいと思ったけれど、そもそも楽譜の見方がわからない・・・。」

 

そんな読者様も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

最初は、楽譜をパッと見てすぐ弾くのは難しいと思います。

 

ですが、楽譜の読み方は複雑なように見えて、覚えてしまえば規則的で意外と簡単なんですよ!

 

今回の記事では、以下のことについてお伝えします。

 

  • ピアノを始めるにあたり絶対に欠かせない、楽譜の読み方
  • 五線譜と音名・音符・記号などの説明
  • 初心者向けのオススメ教本3選

 

 

是非、楽譜を読めるようになって、実際にピアノを弾いてみてくださいね♪

 

【ピアノの楽譜の見方】五線譜と音名、拍子

 

五本線で曲を表しているピアノの楽譜は、音楽の授業などで目にしたことがある方も多いですよね。

 

五線譜とは、五本の平行な線からできている五線紙に、音符や音楽記号を書いたものです。

 

線と、その間の空間には名前がついています。

 

引用:ヤマハ

 

上に行くほど高く、下に行くほど低い音を表します。

 

 

こちらはオクターブ記号です。

この記号がつくと、1オクターブ高い・あるいは低い音を意味します。

 

引用:ヤマハ

 

 

次は音名です。

 

ト音記号とヘ音記号の「ド」は同じ高さで、ピアノの真ん中に位置する「ド」です!

 

ト音記号とヘ音記号では、音の高さはもちろん、同じ場所に位置する音符も「ド」以外は読み方が変わります。

 

引用:ぷりんと楽譜

 

例えば上の楽譜で、赤枠の音符は第三線上の同じ場所にありますが、ト音記号では「シ」、ヘ音記号では「レ」と読みます。

 

ここが最初の難関だと思います。

 

「ト音記号の音符はすぐに覚えられても、ヘ音記号の音符がなかなか・・・。」という話はよく聞きます。

 

焦らずゆっくり身につけていきましょう!

 

 

ト音記号が出てきましたが、楽譜の中でト音記号の横に分数が書いてあるのをご存知ですか?

 

その分数は、拍子を表しています。

 

拍子とは、決まった時間に規則的にめぐる、強い音と弱い音の組み合わせのことです。

 

引用:ぷりんと楽譜

 

 

小節とは、楽譜が読みやすいように適当に区切られた区分のことをいいます。

 

引用:Wikipedia

 

小節の中には、先ほど説明した、拍子の長さの音符が置かれます。

 

例えば4/4拍子の曲であれば、ひとつの小節の中には四分音符が4つ入ります。

 

四分音符・・・?と思われたかもしれませんね。

 

音符については次で詳しくご説明します!

 

【ピアノの楽譜の見方】音符と休符

 

音符は、音の長さと高さを表しています。

 

付点のつかない音符を単純音符、付点がつく音符を付点音符といいます。

 

 

休符は音を弾かない、「お休み」を表しています。

 

休符にも、単純休符付点休符があります。

 

それぞれの音の長さは下の表を参考にしてみてください。

 

引用:ヤマハ

 

最初のうちは基本的な音符や休符のみの曲を弾くことになるので、8分音符・8分休符まで理解していれば十分です。

 

64分音符の感覚が掴めなくても心配しないでくださいね!

 

 

【ピアノの楽譜の見方】調号・臨時記号・タイ・反復記号

 

シャープフラットのことをご存知の方も多いですよね。

 

シャープがつくとその音を半音上げる、フラットがつくとその音を半音下げます。

 

シャープやフラットがついている曲は独特の雰囲気が出るのですが、個人的にはフラットの少し悲しげな曲なんかも好きです。

 

そういったシャープやフラットが、ト音記号あるいはヘ音記号の隣に書かれているものを調号といいます。

 

下の楽譜でいうと、赤枠に当たるものです。

 

引用:ピアノの本棚

 

この楽譜の場合は、「ファ」「ド」「ソ」「レ」「ラ」にシャープがついているので、『その音は半音上げて弾く』ということになります。

 

また、音符の左側についているシャープやフラットなどの記号のことを臨時記号といいます。

 

曲の途中で、ある音の高さを一時的に変化させるものです。

 

引用:ピアノの本棚

 

上の楽譜では、調号もついていますし、赤枠の臨時記号もついています。

 

臨時記号はその小節内に限り、1オクターブ以上離れている音でも有効になります。

 

各記号の詳しい説明はこちらを参考にしてくださいね。

 

引用:ぷりんと楽譜

 

 

タイとは、連続する音をひとつの音符のように演奏することを表します。

 

楽譜の中には必ずと言っていいほどよく出てきますよ!

 

引用:ぷりんと楽譜

 

 

反復記号は演奏の順番を表しています。

 

楽譜は基本的に左から右へ進みますが、同じところを繰り返して弾くときは楽譜が省略され、指定の部分まで戻ります。

 

それを表すのが以下の記号です。

 

引用:ぷりんと楽譜

 

これを知っていれば、「次はどこを弾けばいいの!?」と焦る心配もないですね。

 

 

【ピアノの楽譜の見方】オススメの教本3選!

 

 

基本的な楽譜の見方を覚えたところで、実際に楽譜を見ながら弾いてみましょう!

 

初心者の方にオススメの教本3つをご紹介します。

 

ピアノの教科書

 

ピアノの仕組みや楽譜の読み方の説明が詳しく書かれている、初心者にピッタリの教本です。

 

引用:amazon

 

写真やイラストがたくさん使われているオールカラーの教本なので非常に見やすいと評判です。

 

チャプターごとにQRコードがついていて、スマホで視聴できるのも嬉しいポイント。

 

収録曲は童謡やクラシックなど馴染みのあるもので、一冊終わる頃には両手で簡単な曲が弾けるようになりますよ!

 

バーナム

 

指の練習に効果的なバーナム。

 

子供がピアノを始めるときにも多く使われますが、大人の練習にも十分使える一冊です。

 

引用:amazon

 

各練習は、一つひとつが「深呼吸」「屈伸」「ボクシング」などのように、体操や運動に例えられています。

 

和音・オクターブ・半音階などをそのイメージと共に繰り返し練習していくことで、音楽的表現を身に付けることができます。

 

ピアノの教本といえばバイエルが有名ですが、最近はバイエルの代わりに、このバーナムを最初の教本に選ぶ人も増えています。

 

バーナムを使った場合の教本の順番については、こちらの記事で実例をもとに詳しく解説しています。

 

 

もっとやさしいオトナピアノ Best Selection 40

 

譜面が大きくて見やすく、ドレミのふりがながついている教本です。

 

引用:amazon

 

「エリーゼのために」「威風堂々」といったクラシックから、ディズニー映画の楽曲、「川の流れのように」「いい日旅立ち」など、馴染みのある幅広いジャンルの名曲が収録されています。

 

知っている曲だと頭に曲のイメージがあるので弾きやすいですよ!

 

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

ピアノの楽譜の見方を覚えて、ピアノを弾いてみましょう♪

 

今回は、ピアノの楽譜の見方の基本情報をお伝えしました。

 

基本・・・といってもたくさんお伝えしてしまい、難しく感じられた方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、実際に楽譜を見ながら弾いてみるうちに、だんだん感覚が掴めてくるようになりますよ。

 

最初は「どの音かな・・・?」と探してしまうかもしれませんが、徐々に慣れてくるので根気強く続けてみてくださいね!

 

 

ピアノ教室に通う方がどのような順番で教本を使っているかについて、こちらの記事で解説しています。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

 


勇気を持ってチャレンジ!

ピアノ人生を輝かせる仮想演奏会


↑上の画像をクリックすると、

最新の開催案内をご覧いただけます↑

 

演奏会は無理だと決めつけないで!誰でもピアニストになれるチャンスです!

 

★はじめようピアノ改革!人に聴いてもらうだけで上達スピードが速くなる!

 

★参加して納得!練習のモチベーションがこれまでと全然違う!

 

★自宅にいながらピアノ演奏会に参加できる!匿名で参加できるから気軽!

 

 

「仮想演奏会」は、ピアノを演奏している動画を投稿することで、誰でも気軽に参加できる新しい演奏会のカタチです。

 

初心者からプロまで、さまざまなピアノ歴の演奏者たちが、誰でも”ピアニスト”として発表の場を持つことができます。

 

 

毎月15日に開演しており、費用は一切かかりません!

 

ピアノをとことん楽しみながら練習できますよ♪

 

さぁ、一緒に画期的なピアノ演奏会を体験しましょう!

 

 
カナカナ

丸田カナのツイッターからも、仮想演奏会の募集開始やエントリー状況についての情報を受け取れます♪

 

ピアノ練習に役立つコラムも発信していますので、ご興味あればぜひフォローしてみてください!

 

読者様のピアノが聴ける日を、楽しみにお待ちしています!

 

TOPに戻る