アイキャッチ1280

 

>> 前回のff通信10月第3弾はこちら

 

 

こんにちは!ffスタッフのかずです♪

 

11月になり、すっかり秋らしくなってきました。

 

そういえば、最近あまり秋を感じることが少なくなってきたと思うのは私だけでしょうか・・?

 

今は朝晩は寒いですが、日中は過ごしやすい気温になっていてちょっと着るものに困っています・・

 

 

そんな秋から冬に変わっていく気配を感じながらの11月、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

今回は、先月の仮想演奏会にご参加頂きました堺健太郎さんにインタビューさせて頂きました。

 

お名前だけ見ると男性の方なのかな?と思いきや、実は女性の堺さん。

 

色々お聞きしていますので、ぜひ読んでみてくださいね!

 

仮想演奏会初参加!堺健太郎さんにインタビュー!

 

10月の仮想演奏会での演奏をご紹介します♪

 

ff ID piano5957
ピアノ歴 15年(ブランク10年)
参加ジャンル ポピュラー音楽
メッセージ 15年クラシックピアノを習っていましたが挫折しネットピアニストふみくん動画を見て感動し、2020.06.12から10年のピアノブランクを打破しようと日々練習を重ねてきました。

まだまだ未熟者ではありますが少しずつ本格的にネットピアニストを目指そうと思い、ピアノ専用のYouTubeチャンネルを開設しました。

開設したばかりなのでまだまだ動画は少ないですがなるべく一日一本動画を上げています 是非ちゃんねる登録をお願いします。

 

10年のブランクを感じさせない、楽しく演奏されているのが伝わってくる演奏ですね!

 

この曲、左手のリズムが難しかったんじゃないかなと思うんですが、とても軽快に演奏されていました♪

 

それでは、インタビューの内容をご紹介していきますね。

 

プロフィールを簡単に教えてください

 

堺健太郎さん:名前は堺健太郎といいます。(仮名)

 

かず(ffスタッフ):お名前、仮名なんですね!

 

男性の方なのかと思っていましたが、演奏会での演奏を拝見したら女性なのでびっくりしました!

 

堺健太郎さん:はい、名前は男性にしていますが、性別は女性なんですよ。

 

かず(ffスタッフ):そして、少しブランクがあるとお聞きしていますが・・

 

堺健太郎さん:クラシックピアノ歴15年、ブランクが10年あります。

 

かず(ffスタッフ):10年もブランクがあるんですか!?

 

そして、ピアノを再開されたのはなんと今年の6月からとのこと!

 

でも、今回の演奏はそんなにブランクがあるとは思えない演奏でしたね!

 

堺健太郎さん:ブランク明けで初めてこのように違った環境で演奏する機会を頂けて、光栄に思っています。

 

「堺健太郎のPianoちゃんねる」という名前でYouTubeもやっていますので、ぜひご覧になってください。

 

 

ピアノを始めたきっかけを教えてください

 

堺健太郎さん:姉が4歳からピアノを習っていて、その影響です。

 

当時私は1歳でしたが、お歌の時間になると飛び出して一緒に歌ってしまう子でした。

 

かず(ffスタッフ):すごいですね!

 

1歳にして早くも音楽に目覚めていたんですね!

 

堺健太郎さん:それで、ピアノの先生から「2歳からピアノを始めませんか?と持ち掛けられたことがきっかけなんですよ。

 

かず(ffスタッフ):じゃあ、もう物心ついた時にはピアノを始めていたんですね!

 

すっかり生活の一部になっていたんでしょうね。

 

このエントリー曲を選んだ理由は?どのくらい練習されましたか?

 

堺健太郎さん:実は、わざと一番苦手な曲を選んだんです。

 

かず(ffスタッフ):そういえば、早いテンポの曲が苦手だと動画の中で紹介されていましたが・・

 

どうして、わざとそういった曲を選ばれたんですか?

 

堺健太郎さん:人前で演奏するために、どれだけ自分自身の力を出し切れるのかを試してみたかったんです。

 

ピアノを再開した当時は、50日で1曲仕上げるペースで練習していました。

 

かず(ffスタッフ):50日というと、約1か月半くらいですか?

 

それは結構なハイペースじゃないですか?

 

堺健太郎さん:家には61鍵のキーボードしかなかったので、スタジオに行って特訓したりしました。

 

かず(ffスタッフ):堺さん、結構ストイックですね!

 

今回の演奏会での演奏のために、10時間も練習されたとか・・

 

堺健太郎さん:はい、そして動画撮影日には88鍵盤の電子ピアノを3年分の誕生日プレゼントとして買ってもらい、9時間かけて撮影しました。

 

かず(ffスタッフ):それは、これからピアノを再開して頑張って行こうという堺さんにとっては最高の誕生日プレゼントですね!

 

それにしても、動画撮影時間も9時間かけてっていうのもすごいですね!

 

堺健太郎さん:動画の中でも話していますが、こんなにたくさん集中して苦手な曲に挑戦するのも、「ピアノに対する恋なんだなあ・・」と思いました。

 

今回の演奏会で、気になる参加者はいらっしゃいましたか?

 

堺健太郎さん:eriさんの、ドビュッシーの「版画」がとてもよかったです。

 

かず(ffスタッフ):eriさん、私も素晴らしい演奏だと思いました!

 

堺さんはもともとこの曲がお好きなんですね!

 

堺健太郎さん:はい、そうなんです。「版画」がとても好きで。

 

実は、姉が音楽科卒業なんです。

 

その時、演奏会で「「版画」より雨の庭」を弾いたのがかっこよくてたまらなくて。

 

それもあって、「版画」自体が私自身とても思い入れのある曲ですし、eriさんの演奏も素晴らしかったです。

 

 

今までピアノを習っていて、悩んだり壁にぶつかったりしたことはありますか?

 

堺健太郎さん:壁にぶつかりまくりでした。

 

いつもピアノの発表会で言われる一言は、「お姉ちゃん上手だったね」。

 

嬉しいけど、でも悔しくて、褒められたいと思っていました。

 

かず(ffスタッフ):堺さんご自身も褒められたくて、頑張られていたんですね。

 

堺健太郎さん:はい、でもそんな時に転校が決まって、ピアノをやめなければならなくなってしまったんです。

 

かず(ffスタッフ):そこからのブランクを経て、今は楽しくピアノを演奏されているんですね!

 

 

今後の目標を教えてください

 

堺健太郎さん:遠い夢ですが、有名なネットピアニストを目指しています。

 

YouTubeを中心に、ツイキャスやInstagramなどでどんどん配信をしていきたいです。

 

かず(ffスタッフ):既にYouTubeでもチャンネルを開設されていますし、目標に近づいていますね!

 

堺健太郎さん:たくさんの方に挫折から立ち直ったピアニストとしての姿を見て頂きたいと思っています。

 

YouTubeを始めてから約2か月で、登録者数は約750名。

 

非常にありがたいなと思っています。これからも頑張って行きたいと思います。

 

かず(ffスタッフ):今回はお忙しいところ色々お答えいただき、ありがとうございました!

 

 

誰でも参加できる仮想演奏会、あなたも参加してみませんか?

 

堺健太郎さんのインタビュー、いかがでしたか?

 

今はネットピアニストさんの音楽鑑賞とアニメ鑑賞を趣味に、ご自身も楽しくピアノを演奏されています。

 

ご自身のYouTubeチャンネルの動画のオープニングも可愛くて、堺さんのお人柄が伺えるような感じになっていましたね♪

 

そして、堺さんは先月に引き続き、今月の仮想演奏会にもエントリーして下さっています。

 

このインタビューを読んで下さっている皆さんも、仮想演奏会に参加してみませんか?

 

ピアノを始めたばかりの方も、ブランクがあって久しぶりに弾くようになったよという方も。

 

誰でも気軽に参加できる演奏会です♪

 

皆さまのエントリー、お待ちしています♪

 


 

勇気を持ってチャレンジ!

ピアノ人生を輝かせる仮想演奏会


↑上の画像をクリックすると、

最新の開催案内をご覧いただけます↑

 

演奏会は無理だと決めつけないで!誰でもピアニストになれるチャンスです!

 

★はじめようピアノ改革!人に聴いてもらうだけで上達スピードが速くなる!

 

★参加して納得!練習のモチベーションがこれまでと全然違う!

 

★自宅にいながらピアノ演奏会に参加できる!匿名で参加できるから気軽!

   

「仮想演奏会」は、ピアノを演奏している動画を投稿することで、誰でも気軽に参加できる新しい演奏会のカタチです。

 

初心者からプロまで、さまざまなピアノ歴の演奏者たちが、誰でも”ピアニスト”として発表の場を持つことができます。

   

毎月15日に開演しており、費用は一切かかりません!

 

ピアノをとことん楽しみながら練習できますよ♪

 

さぁ、一緒に画期的なピアノ演奏会を体験しましょう!

 

 
カナカナ

丸田カナのツイッターからも、仮想演奏会の募集開始やエントリー状況についての情報を受け取れます♪

 

ピアノ練習に役立つコラムも発信していますので、ご興味あればぜひフォローしてみてください!

 

読者様のピアノが聴ける日を、楽しみにお待ちしています!

仮想演奏会TOPに戻る