【ピアノ教室の選び方】3つのポイントと確認すべきこととは!?

 

ピアノを始めえようと思ったとき、まずはピアノ教室を探すところからスタートしますよね。

だけど、どうやって自分に合った教室を選べばいいか悩みませんか?

 

今の時代、知りたいことは検索すればすぐにわかるけど、情報が多すぎて沼にはまってしまったなんてことも・・・

 

安易な理由で決めてしまうと後悔してしまいます。

そんな失敗したくない大人の習い事、自分に合ったピアノ教室を探してみませんか?

 

今回ご紹介する内容はこちらです。

 

  • 自分に合った教室をみつける3つのポイント
  • 始める前に確認しておきたいこと

 

自分に合った教室をみつけて、ピアノを始めてみませんか?

 

 

ピアノ教室の選び方 選ぶ上での3つポイント

 

 

ピアノ教室を選ぶ上で大事なのは、自分に合っていて、長続きできるかということです。

せっかく始めたのに、すぐにやめてしまってはもったいないです。

 

辞めないためにも3つのポイントをおさえましょう。

 

3つのポイント
  1. 立地
  2. 費用
  3. 先生との相性

 

この3つのポイントを総合的にみてベストな教室を見つけることが大切です。

では一つずつ確認してみましょう♪

 

 

ポイント1 立地

 

ピアノのレッスンには毎回通う必要があります。

もし、自宅から遠い場所に決めてしまった場合、休まずに通うことはできますか?

 

最初は楽しく通っていても、“遠い”というのがネックになって辞めてしまったら、もったいないです。

自宅から無理なく通える範囲の教室を選びましょう。

 

また、仕事帰りに習いたいという場合は、職場から近いところや、通勤途中の駅で探してみるのもオススメですよ。

 

ピアノ教室の口コミなどで決めたくなることもあるかと思いますが、毎回通えるか確認してみてくださいね。

 

 

ポイント2 費用

 

ピアノを習うのって何かと費用がかかるんです・・・

 

ピアノレッスンにかかる費用
  • 月謝
  • 年会費
  • 教材費

これらの金額はピアノ教室によってもバラバラで、教本のレベルが上がると月謝も高くなるなんてこともあります。

 

そしてこの費用以外に、自宅で練習するためのピアノや、キーボードを買うとしたらかなりの出費ですよね。

 

毎年発表会に参加すれば衣装代なんかもかかります。

 

このようなかかる費用を計算して選んでみましょう。

 

 

ポイント3 先生との相性

 

このポイントの中で最も重要なこと、それは先生との相性です。

やはりピアノのレッスンは、人対人になるので先生との相性が合わないとレッスンが辛くなってきてしまいます。

 

ほとんどのピアノ教室が入会の前に“お試しレッスン”があるので、体験してみることをオススメします。

個人教室はお試しレッスンがない場合があります。教室ごとに確認してみましょう。

 

そこで先生の教え方や、人柄なども確認してみましょう。

 

 

ピアノ教室の選び方 始める前に確認しておきたいこと

 

 

ピアノレッスンを始める前に確認しておきたいことはピアノ教室についてと、始める前に先生に伝えておきたいことです。

 

ひとつずつ説明していきますね。

 

 

あなたはどっち!? 大手と個人

 

ピアノ教室は大きく分けて2つあります。

  1. 大手楽器店運営の教室
  2. 個人経営の教室

 

それぞれに特徴があり、メリット、デメリットもあります。

自分に合った教室を選ぶ上でとても重要になってきますよ!

 

 

大手楽器店運営の教室ってどんなところ?

 

大手音楽教室というと、ヤマハ音楽教室やカワイ音楽教室が思い浮かぶでしょうか。

全国各地に展開していて、読者様の住んでいる街にもきっとあると思います。

 

特徴はこちら

  • 個人レッスン、グループレッスンに対応
  • 入会金/設備費/教材費など細かく決まっている
  • 発表会は大きなホールで開催

 

メリット・デメリットをみていきましょう。

 

メリット
  • 経営が安定している
  • 駅から近い
  • 教室の数が多い
  • 情報を得やすい
  • 金額設定がわかりやすい
  • ピアノ練習室がある(教室による)

デメリット

  • 個人教室に比べると金額設定が高い
  • 振替レッスンがない
  • 日時変更がきかない
  • 先生が退職したり、他店へ移動してしまう
大手故に、経営がしっかりしていて安定しているけれど、個人教室のような柔軟な対応ができないのがデメリットですね。

 

個人経営の教室ってどんなところ?

 

では個人教室はどうでしょうか。

近所を散歩していると、ピアノ教室という看板をよく目にしませんか?(私の近所にはよくあります)

 

インターネットで探すと言うよりは、散歩していて偶然見つけた、または近所の方の情報で知ったなんてことも。

 

特徴はこちら

  • 個人レッスン
  • 入会金/設備費などがない場合が多い
  • 発表会はホールか先生の自宅

 

メリット・デメリットはことらです。

 

メリット

  • 曲や教材などの要望が言いやすい
  • レッスン日時の振替や変更がしやすい
  • 個々に合った指導が受けられる

デメリット

  • レッスン料は教室によって差が大きい
  • 情報収集がしにくい
  • 駅から遠い
  • 大きな発表会がない

 

個人教室は柔軟な対応が利き、先生との集中したレッスンが受けられますね!

 

 

ピアノに対する思いを伝えよう

 

ピアノを始めるにあたり、どのくらいのレベルを求めているか自分の中でハッキリさせましょう。

 

レッスンを始める前に求めるレベルや、弾きたいジャンルなどを先生に伝えることをオススメします。

 

「自分は趣味レベルで楽しみたいけど、先生はハイレベルを求めてくる」

 

このように意思疎通ができていないと、先生と生徒の間でギャップが生じることも。

 

また、以下のことも先生に伝えておくと安心です。

 

  • ピアノが自宅にない
  • 賃貸などに住んでいて購入が難しい
  • 仕事が忙しく練習する時間に限りがある
  • 楽譜が読めない

 

先生と相談して不安要素は始める前にクリアしましょう!

 

 

ピアノ教室の選び方 ステキな教室と出会えたら

 

今回ご紹介した内容をおさらいしてみましょう。

立地

教室選びのポイント

  • 立地
  • 費用
  • 先生との相性

始める前に確認したいこと

  • 大手経営教室と個人教室の特徴について
  • ピアノに対する自分の思いを先生に伝える

 

大手と個人どちらにも特徴やメリット・デメリットがあることがわかりました。

しっかり検討した上で教室を選んでみてくださいね。

 

これからピアノを始めようとお考えの読者様は、きっとピアノに対する想いや目標などが明確にあると思います。

 

レッスンが楽しく、そして長く続けられるよう読者様に合った教室を選べると良いですね。

 

ステキな教室に出会えたら、メキメキ上達して、読者様のピアノライフも充実するはずです!

 

ぜひ教室選びの参考にしてみてくださいね♪

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 


勇気を持ってチャレンジ!

ピアノ人生を輝かせる仮想演奏会


↑上の画像をクリックすると、

最新の開催案内をご覧いただけます↑

 

演奏会は無理だと決めつけないで!誰でもピアニストになれるチャンスです!

 

★はじめようピアノ改革!人に聴いてもらうだけで上達スピードが速くなる!

 

★参加して納得!練習のモチベーションがこれまでと全然違う!

 

★自宅にいながらピアノ演奏会に参加できる!匿名で参加できるから気軽!

   

「仮想演奏会」は、ピアノを演奏している動画を投稿することで、誰でも気軽に参加できる新しい演奏会のカタチです。

 

初心者からプロまで、さまざまなピアノ歴の演奏者たちが、誰でも”ピアニスト”として発表の場を持つことができます。

   

毎月15日に開演しており、費用は一切かかりません!

 

ピアノをとことん楽しみながら練習できますよ♪

 

さぁ、一緒に画期的なピアノ演奏会を体験しましょう!

 

 
カナカナ

丸田カナのツイッターからも、仮想演奏会の募集開始やエントリー状況についての情報を受け取れます♪

 

ピアノ練習に役立つコラムも発信していますので、ご興味あればぜひフォローしてみてください!

 

読者様のピアノが聴ける日を、楽しみにお待ちしています!

 

TOPに戻る