アイキャッチ1280

 

>前回のff通信6月第6弾はこちら

 

こんにちは!ffスタッフ kazu です♪

 

毎日なんだか暑いのか涼しいのかよくわからない日が続いていますね...

 

着る服も何を選んでいいのか毎日悩んでしまいます...

 

そんな毎日ですが、皆さんは6月の仮想演奏会、聴いていただけましたか?

 

今回もたくさんの演奏者さまにエントリーいただき、ありがとうございました!

 

6月の演奏会にご参加頂いた皆さまの中から、今回は田中ぱんださんにインタビューをさせていただきました♪

 

 

 

6月仮想演奏会奏者・田中ぱんださんにインタビュー!

 

改めまして、6月の仮想演奏会にエントリーいただいた田中ぱんださんの演奏、ぜひお聴きください♪

 

ff ID panda2525
お住まいの都道府県 愛知県
ピアノ歴 20年
参加ジャンル ポップス
メッセージ 映画「リトル・マーメイド」の主人公アリエルが、海の外の世界への憧れを歌い上げる様子を想像しながら聴いていただけると嬉しいです。

 

インパクトのあるぱんだの被り物も気になりますが、それとは裏腹にとってもロマンチックな演奏で聴き惚れちゃいました~♪

 

ピアノ歴は20年とのことですが、色々とお聞きしてみましたのでぜひ読んでみてくださいね!

 

 

Q1.可能な範囲で、簡単にプロフィールを教えてください

 

kazu(スタッフ):今回は、よろしくお願いします。まず、簡単なプロフィールを教えて頂けますか?

 

田中ぱんださん:夫と0歳の息子と3人で愛知県にて暮らしています。

 

高校、大学ともに音楽科を卒業しましたが、音楽は趣味で楽しもうと思い、一般事務のお仕事をしていました。

 

現在は育児休業中で、子育てを楽しんでいます。

 


kazu(スタッフ):高校と大学、どちらも音楽科ご出身なんですね!

 

私も音楽科を目指して勉強していたので、羨ましいです!

 

でも、きっと毎日の練習は私たちの想像する以上にとても大変だったと思います。

 

今は子育てを楽しまれているんですね。パンダの被り物もそういった日々の楽しみから発想されたのでしょうか?

 

田中ぱんださん:いえ、実はもともと弾き語りの動画をあげるときに顔を隠したくて

 

そこで被り物を思いつきました♪

 

パンダを選んだ理由は、ネットで探した中で一番可愛かったのがこれだったというだけなんですけど(笑)

 

kazu(スタッフ):えっ!?そうなんですか!

 

私はてっきり、田中さんご自身かお子さんがパンダが好きなのかと思っていました・・。

 

被り物の発想、確かにアリですね!

 

しかもとっても可愛いですよね♪

 

ちょっとしたことなんですが、演奏前と終わりにぱんださんがきちんとこちらを向いて挨拶されているところも私的にはとても好きです♪


 

Q2.演奏会を終えて、一言ご感想をお願いします

 

kazu(スタッフ):今回初めてこちらの演奏会にご参加頂きましたが、いかがでしたか?

 

田中ぱんださん:こういった動画での演奏会は初めてだったので、とても面白かったです。

 

撮り直しが出来る分、どのレベルで満足とするのかなど、一発本番とは違った難しさがありました。

 

kazu(スタッフ):きっと学生時代などは、色々な演奏会を経験されているんでしょうね。

 

「どのレベルで満足とするのか」と考えて頂いたところなどから、ご自身の演奏をとても大切にされていることがわかりますよね♪

 

何よりも、田中さんがとてもピアノが好きなんだろうなという感じがすごく伝わってきたのが印象的でした♪

 

 

Q3.ピアノを始められたきっかけを教えてください

 

kazu(スタッフ):高校・大学でも音楽を勉強されていた田中ぱんださん。

 

そもそもピアノを始められたきっかけをよかったら教えてください。

 

田中ぱんださん:4歳くらいのときにヤマハのエレクトーン教室に通っていました。

 

小学生になってから個人のピアノの先生に習い始めました。

 

母親曰く、自分でやりたいと言ったそうなんですが、覚えてないです(笑)

 

kazu(スタッフ):そうなんですか!?

 

でもきっとその当時からピアノがお好きだったんでしょうね。

 

それがずっとお子さんが出来てからも楽しんで続けていられるって、いいですね♪




Q4.エントリー曲を選んだ理由

 

kazu(スタッフ):今回の演奏会、このエントリー曲を選んだ理由を教えてください。

 

田中ぱんださん社会人になってから、ポピュラーミュージックもいいなと思うようになったんです。

 

それからディズニーやジブリの曲集を弾くようになりました。

 

今回の「パート・オブ・ユア・ワールド」は、幻想的で華やかな世界観が好きなので選びました。

 

kazu(スタッフ):ポピュラーミュージックをピアノで演奏するって、いいですよね♪

 

私も実はポピュラーミュージックを演奏することに結構抵抗があったので、何だかわかる気がします。

 

もともとの曲のイメージが崩れてしまいそうな気がしていたのですが、社会人になってからようやくそれぞれの良さがあるんだなと思うようになってきました。

 

今回エントリー頂いた曲も、田中さんの表現力もあいまってとてもステキな演奏で感激しました♪

 

 

Q5.どのように練習されましたか?どのくらい練習されましたか?

 

kazu(スタッフ):家事に子育てにとお忙しい中、練習するのに何か工夫などはされましたか?

 

田中ぱんださん:今回エントリーした曲は、5年前くらいから好きで弾いていた曲なんです。

 

今回の演奏会のために、1週間くらいかけて暗譜しました。

 

また、YouTubeでステキな演奏をされている方の動画を見たり、映画のシーンを見たりもしました。

 

こうすることで、表現の仕方であったり世界観を参考に出来るんです。

 

kazu(スタッフ):なるほど!色々な面からご自身の「見せる演奏」も考えていらっしゃるんですね!

 

ところで最初にも少し触れましたが、パンダを被っての演奏、鍵盤や楽譜は見えているんですか?

 

田中ぱんださん:いえ、実はパンダを被ると想像以上に視界が狭くて弾きづらいんです・・。

 

右手と左手が少し離れると片手しか見えなくなりますし、楽譜もほぼ見えません。

 

しかも被り物自体は重くはないんですけど、すごく暑いんです。

 

それでも弾けるようにするのが大変でした(笑)

 

kazu(スタッフ):確かに、被り物は通気性がよくなさそうですよね・・(笑)

 

でもそんなに大変なのに、あんなにステキな演奏が出来るってすごいですね!!

 

田中ぱんださん:もう「暗譜するしかない!」という状況に追い込まれています(笑)

 

最初は挫けそうでしたが、でもそれが逆にいい練習にはなりますね♪


 

kazu(スタッフ):被り物での演奏を「いい練習になる」とプラス思考に考えられるのも、いい演奏に繋がっていくのかもしれませんね!

 

 

Q6.今回の演奏会で、気になる演奏者はいらっしゃいましたか?


 

kazu(スタッフ):今回初めて演奏会にご参加頂きましたが、同じ参加者の方で気になる演奏者はいらっしゃいましたか?

 

田中ぱんださん:ボーミンガウンさんの演奏がとてもステキでした。

 

細かいフレーズでも、ひとつひとつ音がキラキラ聴こえてきたり・・

 

テンポの揺らし方もすごく心地よくて、ずっと聴いていたいなと思いました。

 

kazu(スタッフ):確かに、とても弾きこなされていらっしゃる感じでしたよね。

 

私も表現力がすごいなあと感心させられました♪

 

この演奏会に参加される皆さんは、音楽はもちろん、ピアノが好きだということが演奏で伝わってきますね♪

 

 

Q7.今までピアノを習っていて苦労されたことはありますか?

 

kazu(スタッフ):今までピアノを習っていて、苦労されたり悩んだり、壁にぶつかったりしたことはありますか?

 

田中ぱんださん:高校時代にお世話になった先生には、器用貧乏だとよく言われました。

 

新曲もとりあえず弾けるようにはなるのですが、早い段階で満足してしまうんです。

 

なので、いつも「その先に行けていない、もっと弾きこむことを覚えなさい」と言われていました。

 

いい子ちゃん演奏ではなく、一度ぶっ壊れてみてほしい」と、ラフマニノフの前奏曲「鐘」を課題曲に出されたのはいい思い出です(笑)

 

kazu(スタッフ):ラフマニノフの「鐘」!

 

演奏される方によって印象がとても変わるイメージですが、難しい曲ですよね!

 

田中さんにとっては、この曲を弾くことでひとつ壁を越えた感じだったのでしょうか・・?

 

田中ぱんださん:そうですね、専攻は声楽だったので、ピアノは副科で教わっていました。

 

でも、その先生のおかげでピアノもとても好きになりました。

 

 

Q8.今後の目標は?

 

kazu(スタッフ):今後の目標はありますか?

 

田中ぱんださん:育児の合間にも、ピアノを楽しんで弾いていきたいです。

 

子供には無理やり音楽をやってほしいとは思いません。

 

でも、自分が弾いたり歌ったりしている姿も時々見せていきたいなとは思っています。

 

kazu(スタッフ):お母さんが音楽を楽しんでいる姿、お子さんにもたくさん見てもらえるといいですね♪

 

** ** ** ** ** ** **

 

今も趣味として音楽を楽しまれている田中ぱんださん。

 

最初のプロフィールでも少し触れていますが、実はYouTubeでご自身の弾き語り動画を公開されています。

 

学生時代は声楽を専攻されていただけあって、歌声もとてもステキです♪

 

ぜひ皆さんにも聴いて頂きたいので、こちらでもご紹介させて頂きますね♪

 

 

今回エントリーして頂いた曲もよかったですが、弾き語りもまた違った魅力があって癒されますね・・。

 

ご本人のプロフィールアイコンも可愛いです♪

 

またぜひ演奏会へのご参加、お待ちしています!

 

弾き語りでのご参加も、もちろん大歓迎です♪

 

今回はお忙しいところ快くインタビューにご協力いただき、本当にありがとうございました!



 

みなさんも「仮想演奏会」に参加してみませんか?

 

仮想演奏会には毎回たくさんの方からエントリーをいただいています。

 

今回インタビューをさせて頂いた田中ぱんださんもそうでしたが、毎月初参加の方がどんどん増えています♪

 

ごく最近ピアノを弾き始めたという方から、小さい頃からずっとピアノに親しんできた方まで・・

 

色々な皆さんが楽しんで参加して頂けるよう、私たちスタッフも頑張っていきたいと思っています♪

 

この記事を読んで頂いた読者様も、よかったら仮想演奏会を通じてお友達を増やしてみませんか?

 

少しでも気になった読者様、ぜひお気軽にお問合せ下さいね♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Next >> ff通信6月第8弾はこちら

 

 


勇気を持ってチャレンジ!

ピアノ人生を輝かせる仮想演奏会


↑上の画像をクリックすると、

最新の開催案内をご覧いただけます↑

 

演奏会は無理だと決めつけないで!誰でもピアニストになれるチャンスです!

 

★はじめようピアノ改革!人に聴いてもらうだけで上達スピードが速くなる!

 

★参加して納得!練習のモチベーションがこれまでと全然違う!

 

★自宅にいながらピアノ演奏会に参加できる!匿名で参加できるから気軽!

 

 

「仮想演奏会」は、ピアノを演奏している動画を投稿することで、誰でも気軽に参加できる新しい演奏会のカタチです。

 

初心者からプロまで、さまざまなピアノ歴の演奏者たちが、誰でも”ピアニスト”として発表の場を持つことができます。

 

 

毎月15日に開演しており、費用は一切かかりません!

 

ピアノをとことん楽しみながら練習できますよ♪

 

さぁ、一緒に画期的なピアノ演奏会を体験しましょう!

 

 
カナカナ

丸田カナのツイッターからも、仮想演奏会の募集開始やエントリー状況についての情報を受け取れます♪

 

ピアノ練習に役立つコラムも発信していますので、ご興味あればぜひフォローしてみてください!

 

読者様のピアノが聴ける日を、楽しみにお待ちしています!

 

TOPに戻る