ff通信5月第3弾♪仮想演奏会奏者リリーさんにインタビュー!!

 

こんにちは、この時期になると日に焼けるのが怖いこむです!

 

私はスポーツをしていたので、真夏の炎天下でも日焼け止めをあまり塗らずに試合をしていました。

 

だって汗で落ちるし、タオルで拭いても落ちるし、試合中は塗れないし、めんどくさい!と思っていたのです。

 

そしてよく仲間と言っていたのが「年取ったら絶対シミだらけだわー」ガハハハハハ・・・

 

タイムマシーンがあるならJK時代の自分に日焼け止めを塗りたくってやりたいです笑

 

でも過去は変えられないので、これ以上シミを作らないよう対策していきたいと思います。

 

この季節が一番紫外線が強いので、みなさんも日焼け対策を万全にしてくださいね。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、5月の仮想演奏会もたくさんの方にエントリーしていただき、盛り上がりましたね!

 

そして今回インタビューさせていただいた奏者はリリーさんです♪

 

リリーさんはエレクトーンも弾けるそうで、私も昔習っていたのでなんだか勝手ですが親近感を抱いてしまいました。

 

とても気さくにたくさんのお話をしてくださり、楽しいインタビューでした。

 

お話からリリーさんのやさしく素敵なお人柄が伝わってきます!

 

それではインタビューをどうぞ♪

 

 

5月仮想演奏会奏者 リリーさんにインタビュー!

 

最初にリリーさんの演奏をお聴きください♪

 

ピアノ歴 エレクトーン6年 ピアノ15年
参加ジャンル クラシック
メッセージ 初めまして、リリーです!

ショパン『幻想即興曲』を演奏しました。

5年前の発表会では、小指の力が弱く、アクセントに苦労しました。

今回、5年ぶりに約2ヶ月間練習しました!

5年前よりスキルアップしたく、手や指の動き、1音1音が鳴っているか、音色、としっかり向き合うことができました。

5年前に苦労していたところは、小指の力がついてきたことにより、改善できました。

中間部のカンタービレが好きで、ぜひ聴いて頂きたいです。

今回、コーダが難しく、一番苦労しました。

左手でメロディーを弾き、右手でずっと4音を弾き続けると、つい左手に耳を傾け、右手の1音1音が鳴っていないことに気づき、練習しました。

Twitter: riri814piano105で月1回、演奏動画を挙げています。よろしければ、ご覧下さい!

今後も、様々な曲に挑戦したいと思います!応援の程、よろしくお願い致します!

ありがとうございました!

 

 

リリーさんの演奏を聴かせていただきましたが、最初は激しく力強い演奏から、中盤はゆったりとした演奏に変わり聴いていてうっとりしてしまいます。

 

リリーさんは、高校生のときに第21回グレンツェンコンクール近畿地区大会で優秀賞を受賞されました。

 

学生時代からその実力を発揮されていたのですね!

 

リリーさんのピアノに対する熱い想いを、対話形式でご紹介します♪

 

 

Q.1 プロフィールを教えてください

 

こむ(スタッフ):最初に自己紹介をお願いします!

 

リリーさん:3歳からヤマハ音楽教室でエレクトーンを習い始めました。

 

9歳の時に、母の知り合いのピアノの先生のところに連れて行ってもらったことをきっかけに、ピアノへ切り替えました。

 

社会人になった現在、趣味でピアノを弾いています。

 

人前で演奏することが楽しく、毎月、ストリートピアノを弾きに行っています。

 

また、コンサートでも毎月、演奏させて頂き、コンサートで知り合ったフルートの方と演奏のコラボをしています。

 

久しぶりにコンクールへ出場したいと思い、2020年1月11日、神戸国際コンクール本選へ出場しました。

 

こむ(スタッフ):コンサートで演奏されているのですね!

 

どのようなコンサートかお聞きしてもいいですか?

 

リリーさん:月1回コンサートに出演させて頂いています。

 

雰囲気はアットホームで、ピアノソロや弾き語り、フルート、声楽とあり、毎回色々な音楽を聴くことができるので、楽しいです。

 

演奏後、出演者・お客様と一緒に歓談タイムがあり、これもまた楽しいです。

 

ソロで出演させて頂いた時に、フルートの方と知り合いコラボさせて頂いてます。

 

こむ(スタッフ):ソロでの出演もあるのですね!

 

コンサートでの演奏の様子を送ってくださいました♪


リリーさん:ドビュッシー『アラベスク』の他にも、メンデルスゾーン『春の歌』やショパン『華麗なる大円舞曲』を演奏しました。

 

初MCだったので、演奏よりMCで緊張したのを覚えています。

 

こむ(スタッフ):アットホームなコンサートも素敵ですし、いつかリリーさんの演奏を生で聴いてみたいです!

 

 

Q.2 今回の演奏を終えてみてひとことお願いします

 

リリーさん:今回の演奏を終え、今まで練習してきた中で、一番良い演奏ができたように思います。

 

コロナにより、人前で演奏ができなくなり、モチベーションが下がりそうになっていましたが、今回、聴いて頂く機会を得ることができ、嬉しく思っています。

 

また次に向けて練習をしていきたいと思います。

 

こむ(スタッフ):仮想演奏会を活用していただきありがとうございます!

 

コロナというタイミングもちょうど良かったのですね。

 

今後も参加していただけると嬉しいです。

 

 

Q.3 エントリー曲を選んだ理由は?

 

リリーさん:4月の発表会の選曲時にピアノの先生より、生徒さんの親御さんからショパン『幻想即興曲』を聴きたいとのお声があると聞き、5年ぶりに練習し始めました。

 

コロナにより発表会が中止になりましたが、やはりその日に合わせて演奏をしたいと思い、エントリーさせていただきました。

 

こむ(スタッフ):コロナの影響でコンサートだけでなく、発表会の機会もなくなってしまったのですね。

 

早く前の日常が戻ることを願っています。

 

 

Q.4 どのように練習されましたか?

 

リリーさん:5年前の発表会の演奏・先生のアドバイスを思い出しながら練習しました。

 

練習をしていて鳴っていないところがあったので、1音1音をタッチするように意識しました。

 

部分練習をするため、テーマの変わるところを一区切りとし、区切りながら練習しました。

 

中間部のカンタービレの部分がお気に入りで、綺麗に弾けるようになりたいと思い、心の中で歌いながら弾くように心がけました

 

コーダに入ると、1つ1つの組み合わせをゆっくり確認しながら弾きました。

 

コーダの左手を歌う部分(最後の部分)では、左手で中間部の主題を回想し、右手で同じリズムを刻むところが難しかったです。

 

左手の音を聞きながら、右手も消えない程度に同じリズムを刻むことを意識しました。

 

練習時間は、発表会で他にも演奏予定の曲があったので、まんべんなく練習していました。

 

気分転換に他の曲も弾いていますが、仕事のある時は、ハノンも含め30分~1時間、休みの日は3~8時間弾いています

 

こむ(スタッフ):練習時間8時間とは驚きました!

 

練習時間はもちろん、弾き方など工夫されていてその全てが演奏に表現されています。

 

このお話を聴いて改めて演奏を聴かせて頂いてますが、深みがあり演奏に引きつけられますね。

 

 

Q.5 今回の演奏会で気になる参加者はいらっしゃいましたか?

 

リリーさん:皆様の素敵な演奏を聴くことができて嬉しいです。

 

その中でも特に、かおりんさんの演奏が印象に残りました

 

出だしの音を聴いてかおりんさんの演奏の世界に引き込まれました。

 

また、左手のタッチが軽く、メロディーも綺麗だなと思いながら聴いていました。

 

私もいつか、ラフマニノフも弾いてみたいです。

 

こむ(スタッフ):かおりんさんの演奏もうっとりしてしまうほど素敵な演奏でしたね!

 

そしてすごい経歴もお持ちなんです☆

 

詳しくはかおりんさんのインタビュー記事をご覧ください!

 

ff通信5月第1弾♪仮想演奏会奏者かおりんさんにインタビュー!

 

 

Q.6 今までピアノを習っていて苦労したことはありますか?

 

リリーさん:今までで苦労したことは、演奏での表現力です。

 

ピアノを習い始めた頃は、演奏に色をつけることや想像して演奏することの理解が難しく、悩んでいました

 

人の演奏を聴いて感じたものを弾いたり、何回も弾き自分の中で音を探し続け、表現力がわかるようになってきました。

 

また、絵に影をつけるように、音に深みを出せるようになりました。

 

ピアノで1つの音を出すのに、タッチやその時の思いによって音が変わるので、難しく、また楽しくもあります

 

これからも追求していきたいと思います。

 

こむ(スタッフ):リリーさんの演奏はこれまでの苦労があって今があるのですね。

 

今回の曲では具体的にイメージした方法などはありますか?

 

リリーさん:曲の始めの部分で幻想的な世界に入っていくようなイメージですかね。

 

中間部のカンタービレでは、お月様を見ているようなイメージで、コーダで中間部を想い起こすようなイメージで弾き、終わっていく感じです。

 

こむ(スタッフ):幻想的な世界へ入っていく・・・なんだか素敵でワクワクしますね♪

 

頭の中でイメージしているものを言葉にするのは難しいと思いますが、説明していただきありがとうございます。

 

 

Q.7 今後の目標を教えてください

 

リリーさん:これからも感謝の気持ちを忘れず、色々な曲に挑戦していきたいと思います。

 

基礎を怠らず、日々前進していきます!

 

 

ピアノ演奏会の新常識!これからはオンラインで演奏する時代♪

 

リリーさんへのインタビューいかがでしたでしょうか?

 

ピアノに対する情熱がとても伝わってきました。

 

私が驚いたのは、お休みの日の練習時間です。

 

リリーさんは、「8時間といっても休憩しながらです」とおっしゃっていましたが、それでもすごいと思います。

 

他にも“練習を頑張ったときには、ご褒美に弾きたい曲を弾く”ともおっしゃっていて、本当にピアノがお好きなんだなと感じました。

 

コンサートでも活躍されているリリーさんですが、これからも仮想演奏会でのエントリーを楽しみにしております♪

 

 

♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪

 

仮想演奏会は毎月15日に開催しております。

 

上手い、下手、ピアノ歴などは一切関係なく、ピアノを愛する全ての人がピアニストになれるんです!

 

そしてそして、新システムができました!

 

今までエントリーするには、YouTubeでのチャンネル開設が必要でしたが、ご自身のチャンネル開設までの間、「丸田カナffチャンネル」をご利用いただけます!

 

\ YouTubeに「丸田カナffチャンネル」を開設しました!! /

画像をクリックして、チャンネル登録をよろしくお願いします♪

 

 

「仮想演奏会に参加したいけど、YouTubeのアカウントを持っていない・・・」

 

エントリー締め切りまでにYouTubeの開設が間に合いそうにない・・・」

 

このような場合にはぜひご活用くださいね♪

 

6月もたくさんの方からのエントリーお待ちしております!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

本物のコンクールを体験!

自分の力を試したい方に朗報です♪

 

オンラインで参加できる、本格的な全日本ピアノコンクールが開催されます!

 

厳しい基準で自分を高めたい方は、ぜひ一度挑戦してみてください!

 

★全日本ピアノeコンクールの日程★

 

予選:6/1〜7/20 演奏動画受付

(先着順・定員に達し次第締め切り)

 

本選:9/19・9/20 生ピアノでLIVE配信

本選会場「ピアノスタジオノア 吉祥寺店」

 

カナカナ

この機会に、本格的なコンクールを体験してみませんか?

 

コンクールについての詳細は、こちらからご確認ください↓↓

 

 


勇気を持ってチャレンジ!

ピアノ人生を輝かせる仮想演奏会


↑上の画像をクリックすると、

最新の開催案内をご覧いただけます↑

 

演奏会は無理だと決めつけないで!誰でもピアニストになれるチャンスです!

 

★はじめようピアノ改革!人に聴いてもらうだけで上達スピードが速くなる!

 

★参加して納得!練習のモチベーションがこれまでと全然違う!

 

★自宅にいながらピアノ演奏会に参加できる!匿名で参加できるから気軽!

 

 

「仮想演奏会」は、ピアノを演奏している動画を投稿することで、誰でも気軽に参加できる新しい演奏会のカタチです。

 

初心者からプロまで、さまざまなピアノ歴の演奏者たちが、誰でも”ピアニスト”として発表の場を持つことができます。

 

 

毎月15日に開演しており、費用は一切かかりません!

 

ピアノをとことん楽しみながら練習できますよ♪

 

さぁ、一緒に画期的なピアノ演奏会を体験しましょう!

 

 
カナカナ

丸田カナのツイッターからも、仮想演奏会の募集開始やエントリー状況についての情報を受け取れます♪

 

ピアノ練習に役立つコラムも発信していますので、ご興味あればぜひフォローしてみてください!

 

読者様のピアノが聴ける日を、楽しみにお待ちしています!

 

TOPに戻る